" />
分づき米は、玄米と白米のいいとこ取り 玄米と白米のどちらにも長所があります。ではなんとかして白米と玄米両方の良さを味わう方法はないでしょうか? その方法が「分づき米」です。分かりやすく言うと玄米と白米の中間のお米です。玄米の糠をわざと少し残して精米して作ります。玄米の栄養素と白米の美味しさの“いいとこ取り”の分づき米が今大きな注目を集めています。
ではもっと詳しく分づき米について見ていきましょう。実は分づき米もその精米度合いによってさらに細かく分かれるのです。

3分づき米
精米度合いが小さい3分づき米です。玄米の糠を少しだけ取り除いた状態で色もまだ茶色が目立ちます。その分だけ栄養や食物繊維は十分に残っています。消化しやすくするためにもよく噛んでお召し上がりください。
5分づき米
玄米と白米のちょうど中間が5分づき米です。見た目もかなり白くなってきます。胚芽(はいが)と呼ばれる部分はしっかり残っていて食物繊維も十分です。白米のような粘りは少なめですので少し水加減を多めにして炊くといいでしょう。
7分づき米
見た目は白米とあまり変わらなくなります。食味も白米にかなり近づくので、初めて分づき米を食べるという方にもオススメです。白米よりも味わいがあって好き! という方も多いようです。
上部へ戻る